Yoichiro's ダイブマスター修行 奮闘記 ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉歯工事補強工事 及び アシスタント・インストラクター講習補助の巻 - その2

気を取り直して二日目は秘密兵器水中スクーターをナビ役のFisher Uさんが活用し、まずは杭を打たずに集合岩とFumikaポイントに張ることに専念、ルートが開通したところで順々に杭をうっていった。 大成功。 いつもながら、水中作業というのは「急がば回れ」です。これでもう大丈夫。

 そして、一行は 飛雄馬AI候補生のAI訓練
にも参加。 DM三銃士の一人が順番にアシスタント役になり、他のメンバーがOW講習生役になるというもの。


 限定水域講習の1・2と海洋実習の1が今回のお題です。 ボクは最初にアシスタント役になり飛雄馬AI候補生の補助。 講習生がレギュレータクリア、潜降、マスクリカバリー、マスククリアを練習するのを手伝ったんだ。

  桟橋横の水深1-2mの場所でやったんだけど、限定水域といいながら流れがあり(海だからあたりまえなんだけど)、講習生は流れていくし、足元にウニが大量にいるし、海龍師匠の指示をうけた意地悪講習生たちがここぞとばかり色々するし(例えば、みない、聞かない、潜らない、離反するなどなど)、結構アシスタント役ながら大変だったなぁ・・・。 ということは、飛雄馬AI候補生はもっと大変だったんだろう。 



  しかも、本当のOW講習はその何倍も大変なんだろうなっ・・・。 自分のOWを思い出しても水中で止まることすらままならなかったし。 DMが要求されるのは(全てのスキルが出来ることは勿論基本として)、講習生がポイントをつかみやすいようにデモンストレーションをすることで、教えることはその一歩先となる。 人が教えているのをみると改めて勉強になる。 普段何気なくやっていることでもOWで学ぶことが全ての基本だと改めて考えるいい機会になった。  いつかは(いつ?)ボクもAIに進みたいなぁ!(その前にDMを終わらせなさい!という突っ込みはしないでね)

スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

★★★ コメント の コーナー ★★★

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。