Yoichiro's ダイブマスター修行 奮闘記 ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Calpico U 氏 大奮戦 ! Part III

最近 あちらこちらに出張づいているボクちゃんは 今回もロンボック出張で参加できず、またまた Calpico U 同志が レポートを書いてくれました。

================================

11月25日‐26日、海龍亭恒例のレギュラー・トリップ゚でプラウスリブ・コトック島に出かけてきました。 今回もEconomist Yoichiro 氏が欠席なので奮闘記は10月に続きCalpico U が担当させて頂きます。
 今回のメンバーは師匠と小生の他には小生の尊敬する飛雄馬AI候補生と新進気鋭のアイスマンさんという少数精鋭メンバーです。 これはなかなか楽しそうなダイビング゙になりそうだな、とアンチョール・マリーナではほくそえんだのですが、しかし実は師匠はこの時、既に我々に水中土木作業員としての訓練を施そうと決めていたのです。 まあ、考えてみれば、師匠がそんなに楽させてくれるはずはないのですが・・・。

 さて、コトック島に到着。 アンチョールでは曇り空でちょっと天気を心配したのですが、こちらの天気は快晴。 透明度も良さそう、しかも満潮の潮どまりというやつで、流れも無さそうという絶好のコンディションです。 でも、あれ・・・・、何か雰囲気がいつもとちょっと違うな・・・・あ~っ、桟橋に大きな穴があいてる・・・・!

 

  何と今まで旗を掲揚していたポールの辺りから大きく床がはげており、どうも土台となっていたコンクリートが何かの拍子に崩れたようで(又は危険を予知して土台から補強するためにあえて弱そうな部分を壊したか)海の底に無残にコンクリートの瓦礫が散乱しておりました。 それをまた、「危険」とかのテープで囲うとかしないでそのままにしてあるのが、インドネシアらしいところです。 しかし、その瓦礫が今回の土木工事、正しくはダイブマスター修行のプログラムの一環である作業ダイブ゙で、活躍するのです。

   さて、師匠から今回のプログラムの説明があり、この桟橋周辺からモノをかのフミカ・ポイントまで運び、 そこをいわば漁礁化する作業ダイブ゙、とのこと。 久々の『水中土建屋 海龍組』の復活です。 作業ダイブ゙は数ヶ月前我がDM候補生三銃士のYoichiro 氏とYoshi K氏とやったことがあり、リフト・バッグの使い方には自信がある、しかし、あの時はタイヤが中心で比較的運びやすかったがどうも今回は岩、或いはコンクリート・ブロックになりそうで、またまたチャレンジです。

しかも、フミカ・ポイント周辺は常に潮の流れがきつい、ヘタをすると難行苦行になりかねなと緊張する小生でした。

 1本目(11/25);

 まず、4人で桟橋周辺をシュノーケリングで゙めぼしいモノを物色する。 意外に大きすぎたり小さすぎたり、手頃なものが無い。最終的に飛雄馬氏が見つけた例の桟橋の陥没現場海底に沈む、L字型のコンクリート・ブロックに挑戦することにしました。最長部分約1.5M、重量もかなりありそうで運べるかどうか、分からないがリフト・バッグを2個使tた2丁づりで行ううことにする。 とりあえず、集合岩脇まで運び、一気にフミカ・ポイントまで行ければ行くという作戦を取る。

  さて、潜行、現場に到着、リフト・バッグをセット、ここまではスムーズ゙。 さてリフト・バッグにエアをブロー、さすがになかなか浮かない。 小生も過去にリフト・バッグにいきなり空気を沢山入れすぎて浮いた苦い経験があるので慎重になりすぎてたきらいあり。 しかし、お~っ、浮いた !! 巨大コンクリート・ブロックが動き出したのです。 よしっ!、移動、一同、目で合図をして、移動開始。桟橋を出て、少しずつ、深度を下げて行く。 すると、急に浮力が無くなり、おっとっと・・・・。 また、エアをブロー、それを3,4度繰り返しました。 水中では重量物は水圧の変化による浮力への影響がより大きいのを体感しました。 1米深度が変化するだけで浮力調整しなくてはいけなくなる感じ。 そんなこんなでやっとこさ集合岩脇まで到着。 さすがに大変だったのでとりあえずこの大物はここに置いておいて、次なる獲物を物色しに再び桟橋下へ。 

小生と飛雄馬氏がリフト・バッグを片付けている間に師匠とアイスマンさんが既に物色していたようで、指示されたのは岩。 これもなかなかHeavy ではあったものの、さすがに超大物を運んだ後だったので楽に感じ、一気にフミカ・ポイントまで運んだのでした。 まず、所期の目標をやりとげ、師匠を含め、一同達成感で一杯のインターバルを過ごしました。

 2本目;

 さて、今回は飛雄馬AI候補生と小生+アイスマンさんで手分けして桟橋脇東側より、コンクリート・ブロックをフミカ・ポイントまで運ぶことにする。 形は直方体で運びやすそうなものの結構ゴツくて重量感たっぷり。 今度はアイスマンさんにリフト・バッグの使い方を体験してもらうことにする。 潜降下すると、先に潜降していた飛雄馬氏がもう、一個を移動し始めているのを目撃、余りの手際の良さに呆然。 小生も頑張らねば・・・・。

 まず、ネットとリフト・バッグをセット。 やはり、結構重い。 しかし、アイスマンさんも初めてにしては、リフト・バッグの使い方は上々、途中空気を追加しながら、集合岩脇を通り、フミカ・ポイントまで到着、結構疲れた。 しかし、フミカ・ポイントトまでの道すがらも潮の流れはさほどきつくなく、上々の水中土木工事日和です。

 フミカ・ポイントで若干運んだ瓦礫の整理をした後帰路へ、これで終わりかと思いきや、師匠は集合岩脇で止まり、2本の足がついた円筒状のコンクリート隗を指差し、これを運びたいとのこと。

 ここで残圧チェック。

 小生、アイスマンさん共に70。 この時一瞬、師匠の表情にためらいを感じましたが、「行くぞ」のサイン。

 いずれにせよ、かなり手際よくやらないとまずいな、と思いながら、ネットの中にかのコンクリート隗をセット、すると師匠は同じ形をした別のコンクリート隗も載せようとしている・・・、2個運ぶのか。。。 一瞬不安をよぎったものの、いずれにせよ、午後になると流れが出てきかねないしこれは行くしかない。 リフト・バッグにエアをブロー。 さすがになかなか動かない、残圧が気になる・・・。やっと動き出した。 

 砂地に時々接地するように、動かす。これも潮の流れを軽減しながら運ぶ師匠から教わったテクニック。 しかし、やはり重い、息が上がり、どんどん残圧が減っていくのが分かる。

 フミカ・ポイントトに到着、物を置いて、リフト・バッグクとネットを片付けた時には既に残圧20。 まずい・・・。 とにかく急いで戻るべくガイド・ライン゚沿いに泳ぎ始めました。 出来るだけ残圧をセーブする為に深度を上げて移動したつもりだが、満潮のため海底は24-5m。 少々、深度を上げてもあまり効果は無かったようです。 集合岩を過ぎた辺りから残圧はゼロ状態。

 そうこうしているうちに小生のエアが渋くなってきました。いよいよエア切れだなと思い、近くで安全停止をしていた飛雄馬氏からオクトをもらい安全停止をすることにしました。 しかし、この時飛雄馬氏のエアもほとんどhabis状態で私には師匠からもらえ、とサインを出していたそうですが、気がつきませんでした。 しばらく吸えていたものの、あれっ、空気が来ない、これではしょうがない浮上だ~、と浮上を強行 。ダイコンから警告の音がピーピー出て、「Err」のサインが出ました。 恥ずかしい話、この時点でデコが出ていたことに初めて気が付きました

 エアに気を取られてダイコンをチェックするのに気が回らなかったのです、ダメですね~。

 「あ~、まずいなあ・・・」と海面でぷかぷか浮いていると師匠がアイスマンンさんとともに現れて、アイスマンンさんのオクトを咥えて再潜降行するようにとの指示。 いわゆるフカシというやつですが、アイスマンさんを道連れに減圧停止を行いました。(アイスマンさんご迷惑をおかけしました。) 

 師匠から浮上のサインが出た瞬間、今度はアイスマンさんのオクトからもエアが来なくなりました。。。

 実は一本目の後のインターバルで師匠から、「エア切れの経験ある?」と聞かれていました。 私は今まで幸いに経験してなかったのですが、この1本で3度のエア切れを経験しました・・・。

 これでまた、ダイブマスターに一歩、近づいたかな??



3本目;(11/25)

 今回は日帰りの飛雄馬氏 は帰り、小生とアイスマンさんだけになりました。 さて、いよいよ一本目に集合岩脇まで運んだ巨大L字型コンクリート隗をフミカ・ポイントまで運びます。  前回同様にリフト・バッグをセットし、移動開始。 小生が前に位置して動かし始めたが、右から左へ横向きに流れているのに気が付く。

 流れに抵抗しながら何とか、かんとか、フミカ・ポイントトまでたどり着いたものの、少し流され気味になっている為に最後の位置の調整で1メートル動かすのに一苦労。 最後は小生が後ろから押す格好で調整。 

 すると師匠から「リフト・バッグはどうした?」とのサイン。 小生が取り付けて引っ張ってきた方はまだエア抜きもせず、付いているがもう一方の方が見当たらない。 どうしちゃったんだろうと思っていると師匠から「探しに行け」とのサイン。

 後のことは師匠とアイスマンさんに任せるとして、もはやhilang したリフト・バッグは視界から消えているので、どう探すかを考えねば・・・ 

 周辺に無いということは恐らくはぷかぷかと水面まで浮いているのではないか、そうすると自分も潮の流れに身を任せてゆっくり浮上すればリフト・バッグのそばに行けるのではないか、と一瞬の内に考えゆっくりと浮上し始めました。

 そして海面、ぐるっと見渡しても見当たらない、「だめかな、でも、まだ浮かんでないのかもしれない」などと考えている内に遠くに何か浮かんでいるのが見えました。「あれだ!!」幸いに潮とは順目方向、水面移動で程なく辿り着く。 これが無いとその後の作業にも支障が出かねないし、良かった。「やった~」の気分です。 さて、これからどう帰ろうか・・・・。桟橋は遥か彼方。潮は逆目。 残圧はまだ100程度残っているものの、まともにここで潜行して戻っても結構やばそう。

 まず、浅場まで水面移動してそこから潜行して、底を這って桟橋まで戻る、という作戦を立てました。そうすればエアの消費も少ないし、逆目の潮にも耐えられるはずと考えたのです。そこでいつもの桟橋のほぼ真西300メートル程のところにある別の桟橋に向かって背面水面移動で動き始めました。

 やれやれ着いた、潜行し ようと思った瞬間、ボートの音が聞こえてきました。 どうしたんだろうと思っているとどんどん小生の方に近づいて来ます。 程なく小生を拾いに来ているの だと気が付きました。 結構な時間、海面にプカプカ浮いていましたので心配してくれたのでしょう。 (後で知ったのですが、状況から考えて 必ずそうなるであろうと、師匠が早めに浮上して陸スタッフに救援ボート発進指示をしていたのでありました)

 海底移動をチャレンジ゙ したいとも思いましたが、結果駄目でまた彼らの手を煩わせても気の毒なので好意に甘えました。 桟橋に着くと師匠もアイスマンさんも丁度戻ったところでし た。 リフト・バッグを拾って無事に戻ったことを喜んでくれ、師匠はまだ残圧が残っている小生に付き合って浅場に再度潜ってくれました。
 

4本目(11/26) 

 今回は水中土木工事はちょっとお休み小生の卒業ダイブ用にコトック・クチルに下見調査に出かけることになりました。

 コトック・クチルの桟橋の近くのリーフからエントリーして、まず東に移動、バンクを左に見て、その先の一個ポツンとあるタイヤのところで北北東に進路を変え、まず、タイヤ群に到着。そこから北へ更に進み、Jeep Wreckへ。

 透明度が20メートル位あってとても綺麗。師匠からここからフロートを打ち上げるように指示を受ける。

 少々もたついたが、何とか打ち上げに成功し一つのタイヤに設置して、一旦浮上し位置確認。

 再潜降してリールを巻きながらフロートを片付ける。すると、リールがホルダー部分からポロリと分離 !!!

 以前にも一度このトラブルを経験しているので何とかリールを巻き終え、フロートもたたんで師匠とアイスマンさんのもとへ戻る。 そこからリーフに向かって移動、師匠から通常の Exit point の説明を受けた後ゆっくりと西の方向へ。 いくつかの岩周辺で遊ぶ。 師匠からは60分を過ぎても浮上サインは出ず、これはエアが続く限りいるのかなと思っていたら、78分で師匠からフロート打ち上げの指示。 さっきリールがトラぶっているので不安を抱きながら準備していると案の定手間取り、挙句の果てにフロートだけビューッと水面へ。

 「あーあ」と思っていると師匠にも吹き出されてしまいましたシュン・・・ やはり普段から使い慣れてないと駄目ですね。 今後努めて練習するようにします。 しかし、78分ダイブ師匠は80分を目指していたそうですが・・・ ちゃんとフロートをあげていれば安全停止をして80分オーバーになったはすなんですね) とは小生にとってはしばらく破れない記録ですね。 フロート打ち上げには失敗したものの大満足ダイブ゙でした。

 
5本目(11/26)

 再び水中土木作業員に戻 りました。 桟橋横からコンクリート・ブロックを移動。 意外に重く一苦労したが一気にフミカ・ポイントまで移動。 完了後、前日に飛雄馬氏がFMとフミ カ・ポイントの間まで運んだコンクリート・ブロックもフミカ・ポイントまで移動。これで今回の土木工事は終了。 最後は浅場で魚鑑賞。透明度まずまずで快 適でした。

小生はプラス、水深10メートルからフロート打ち上げの練習をしました。もちろん、成功です。

 
最後に・・・

水中土木工事中心の二日間で体力的に結構きつかったですが重量物の運搬での浮力調整等非常に良い練習になりました。

いくつかハプニング゙もありましたが、比較的穏やかだった潮の流れにも助けられ無事に想定していた作業を全て終えられ達成感を味わいました。  

フミカ・ポイントはこの二日間の造成工事のおかげで急に立派になりました。 Mudah – mudahan ここに沢山魚が住み着いて我々を楽しまして欲しいものです。

師匠、飛雄馬さん、アイスマンさん、お疲れ様でした。

以上、Calpico U のダイブマスター奮闘記 番外編パートⅢでした。


スポンサーサイト

★★★ コメント の コーナー ★★★

無題

僕が出張だなんだと言っている間に、八面六臂の大活躍ですね。素晴らしいです。早く追いつきたいものです。。。

  • 2006/12/06(水) 14:57:32 |
  • URL |
  • Yoichiro #-
  • [ 編集]

三銃士はいつ揃う

Yoichiro さんもYoshi K さんも忙しそうで
寂しいです。次回に三銃士揃踏みできるのはいつなんでしょうかね??

それは・・・

忘年会 でしょうね・・・

  • 2006/12/07(木) 13:11:03 |
  • URL |
  • 海龍 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。