Yoichiro's ダイブマスター修行 奮闘記 ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OW講習をみて学ぶ:OW講習アシスタント

    海龍亭(居酒屋の名前みたいだなー)一行はほぼ1ヶ月半振りにホームグランドのコトック島に戻ってきました。  

   今回は4月にOWのプール講習を終えた講習生の皆さんの海洋実習。 今回のメンバーは、海龍師匠、おなじみDM候補三銃士のYoshi Kさん、Fisher Uさん、とボク。 講習生が SeaWait夫妻、アイスマン Sさん、AOW講習の電電さん で総勢8人。



   アンチョールの港を出た瞬間から穏やかな海面にびっくり。 こんなに穏やかな海は何ヶ月ぶりだろうか。 最近のコトック行きは雷・嵐が多かったので。 コトック島の海もまるで湖のような状況。 まさにOW講習にもってこいの環境。 ボクもそうだったけどOWのときは些細なことがすごくきになるので講習生の皆さんもほっとしてる様子で、ボクちゃんもほっとしました。

    初日の1本目は器材のセッティングから復習。 プール実習から1ヶ月半も経ってるので忘れてても仕方ないなーと思ってみてると、意外に着々と準備してる(うーん、みんな復習してるみたいだ)。 今回の講習生はすごく出来がよさそうだな~。 まずは、桟橋からジャイアントストライドエントリーの練習。 プールでは水面30cmだったのが、海洋実習では1.5mだからちょっとびびってしまう。 みんな不安げに海面を覗き込んる(写真を見てね)(ふふふ、みんな見てないと思っても色々見られてるんだよ)。 次は潜行・浮上の練習。 なんといってもこれはダイビングの基本中の基本のスキル。 最初はおそるおそるだったけど、みんな徐々に慣れてきたみたいだ (DM候補生の3人はときには講習生の頭上30cm、時には目の前にいたけど、あまり気づかれていなかったみたい)。

   2本目は緊急事態を想定したオクトバスを使用しての浮上練習、スムーズな潜降の練習など。 何度も浮上潜降を繰り替えるのでイントラ泣かせのトレーニングダイブ。 講習生一人あたり、最低でも3回の潜降・浮上。で 師匠は x 講習生の数。 ご苦労様です。 このダイブでは普通は、みんなかなりエアーを消費するんだけど、今回の講習生は出来が良すぎるのかエアーがなくならない。 みんなの残圧を示すハンド・サインを見ながらDM候補生のお兄さんはどきどきしてました (だって、ボクらが先にエア切れになったらかっこ悪いもん)。エアを節約するには色々な方法があるんだけど(みんな自分で発見してね)、そんな方法を駆使しながら、なんとかDM候補生の面目躍如。
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

★★★ コメント の コーナー ★★★

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。