Yoichiro's ダイブマスター修行 奮闘記 ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボクもついに「ダイブマスター挑戦記」を書く 身分になったぞぉ !! その2

2日目です。

  1本目はDeep Dive。 DM 訓練生のお題はDeep・Diveのためのフロート・潜降ロープと予備タンクの設置。 2週間前 、ボクはフローとの設置で大変な目にあった。


  • 横着して潜降ロープに沿って浮上しなかったため強い潮に流されボートに戻るのにヘトヘトになってしまったこと。

  • 海底での岩の選択を間違ったため、岩ごとずれてしまったこと。


今回はYoshi Kさんと Fisher U さんがフローとの設置を担当。 問題なくクリア。 パチパチ (くそっ、おもしろくないな・・・) そして ボクが呼び予備タンクの設置。 問題なし!(本当はボートスタッフがかなりたすけてくれたんだけど)  Deep Diveのトレーニング中は結構窒素酔いをする人が多いのだけど、YOKO女史は全くその兆候はなかったらしい(自分のAOWの時に窒素酔いがあったと指摘されたので他の人がないとちとくやしい のだ・・・)。 トレーニング終了後、海面で海蛇を発見。真っ白なやつ。 ローカルのスタッフいわく相当危険らしい。

   2本目はDeepDiveの残りのエアを使って、桟橋東側のボトル付け。通称「やなぎポイント」のボトルを新しいものに変えるというもの。 東側はここ数週間行きまくってるのでダイブ土地勘が出てきた。

  3本目は新しいタンクにつけかえて、「集合岩」北側に移動させたイカリをさらに移動させるという、昨日の計画の再挑戦。

  再びYoshi Kさんと Fosjer Uさんと一緒にリフトバックを担ぎ、出陣。 昨日既に計測してあるように「集合岩」の北側の端から170度の角度で12m… あれっ、到着しない !?  思ったより潮が流れているようだ。 振り出しに戻って再度トライ。 今度は無事に到着。 リフトバックの使い方も昨日よりは手馴れてきた (というよりはYoshi Kさんが全部やったんだけど)。 Yoshi Kさんは釣りを趣味としてるので紐の結び方も手馴れたものだ。 学習効果が出てる (なんたって ボクはDr.Ph だからね!) ボトルの名前はFMに決定(Fumika Middleの略です)。 こっちが散々苦労して到着して悪戦苦闘している上を、海龍師匠とYOKO女史が水中スクーターで飛んで遊びまわっている。  畜生~! 

   実は この 「畜生~」が1時間後の悲劇を呼ぶとは ボク達は思いもしなかった ・・・

  4本目は残りのエアを使い今まで空白地帯だった桟橋東側の水深12m付近に16番と17番をソロ・ダイブで設置。 ソロ・ダイブですよ、ソロ! 怪傑ゾロじゃないんですよ~! 単独潜水のことです! 師匠よりソロ・ダイブでの作業許可が出るほど ボクも進歩したんだ! これは次回に計測しよう!  最後はのんびりとウミウシなどを観察できました。
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

★★★ コメント の コーナー ★★★

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。