Yoichiro's ダイブマスター修行 奮闘記 ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bangka島小遠征の巻 (その 1)

Yoichiro の ダイブマスターとしての奮闘記 第2弾  

ボクちゃん達、海龍亭一行はインドネシアの19日の祝日(ヒンズー教の祝日 ハリ・ニュピ)を利用して16日の夜から19m日まで北スラウェシ州のバンカ島にダイビングに行ってきました。 バンカ島は赤道よりちょっと上にある。 2月の卒業検定準備ダイビング以降、3回連続でコトック島でのダイビングが続いていたボクちゃんには、実質2日間6本のダイビングでしたがすご~くいい気分転換と同時に、ほとんど荒らされていないスポットで潜るという貴重な体験もできたいいダイビングでした。 今回の参加者は、海龍師匠、Jenny Bigママ、デンデン・ヒーランさん、イイトモ爺、マイペース・トモヤマさん、秘密のあっ子ちゃん、そしてボクちゃんの合計7人の少数精鋭です。

海龍亭一行は夜7時発のライオン・エアに乗るべく時に空港集合。 マナドまでは飛行時間が時間近くかかる上に時差が時間ある。その上、空港からホテルまでは更に1時間かかるので順調に行っても到着は深夜となる。 おまけにライオン・エアは平均時間遅れ(前回20063月のマナド遠征時には出発が時間遅れたうえに、帰りの中継地ウジュンパンダンでも時間待たされました こちらを参照くださいね)。今回は幸いにも、1時間遅れで済んだけどホテルに到着したときにはすでに翌日の時過ぎ。 おまけに出発は朝時なのでほとんど睡眠が取れない(汗)。 はたしてボクちゃんたちは、本当にリラックスに来たんだろうか・・・

317 (土曜日)

ほぼ予定通りの朝時半 (インドネシアでは30分くらいの遅れは予定通りといいます) にダイブ・オペレーターご自慢の新造船 (といっても85馬力のエンジンが3機だけ)で出発した海龍亭一行は一路バンカ島海域を目指す! 水面も穏やかで景色も最高。途中でイルカも見ました。 といってもバンカ島へは3時間の道のり。 最初は興奮していた海龍亭一行も、前日の睡眠不足も手伝い、徐々に深い眠りの底にそしてやっと着きましたバンカ島。 ここは海龍師匠を含めて一向全員が初めての未知の場所なのでいったい何が出るやら。 船からみるバンカ島周辺は岩場が沢山あり、いいダイビングポイントがありそうだ ムフフ・・・

1本目 Batu Mandi というポイント。深度25m位から5-7m毎に深度を上げていく形のダイビング。 ガイドはチェックダイブのつもりなのか(?)、その割には全くダイバーの様子を見ていないし・・・ 一生懸命タンクを叩いて呼ぶから喜び勇んでいってみると、「ウミウシ」か「ウツボ」(海龍師匠曰く、「西洋人はウツボ喜ぶからね~」)  残念ながらいまひとつ意図のはっきりしないダイビングでした。 ただここで終わらないのが新DMのボクちゃん。 自分がガイドするときにはテーマのはっきりしたダイビングにしようということを勉強したのでした。  いい忘れてましたが、バディはボクちゃんがマイペース・モトヤマさんと、Jenny Bigママがあっこちゃんと、デンデン・ヒーランさんがイイトモ爺と親子バディ結成、海龍師匠が周りから例によってガイド評価を兼ねて厳しい目を光らすという構図です。 (どうやら師匠はこのダイビングで、このガイドを単なる道先案内と位置づけたようです)

 


昼食後の2本目Sahaung I というバンカ島での宿泊先から南 10分くらいボートでいったポイント。 岩付近のエントリーポイントから全員一斉にエントリー。 水面から予想したとおりの美しい海底地形が広がってる。 深度25m付近では「黄色に青い線が2本」(師匠なんですか名前は?)の大きな群れと遭遇。 いやいや美しい。 そしてその後ろにはツムブリ(と思うんですが)10匹ほどの隊列を組んでいる (残念ながらいい写真は撮れませんでした)

 突然海龍師匠が紫に変色した壁を指差す・・・???・・・やにわにその紫の壁をけずりだす・・・?・・・.すると他の魚が急に集まりだして削りかすを食べ始めたのだ! 後で師匠に聞いたら紫のものはスズメダイオヤビッチャー)の卵だったらしい。 このポイントは素晴らしい海底地形で階段状の岩とサンゴが広がっている。 思わず腰掛けようと思ったくらいです。 海底地形を楽しむというダイビングもあるんだなー

 


本目 Tiga Batu というバンカ島での宿泊先の目の前のポイント。 海龍師匠とボクちゃんは皆が潜行してくるまで深度5mのテーブル岩で待つ (本当はバディと一緒に潜行が基本なんだけど、ボクちゃんはイイトモ爺の落としたシュノーケルを救出しにいったのだ) すると、師匠が一生懸命 隠れ熊のみ、カクレクマノミを見てる。 カクレクマノミなんてコトック島でもいるのに・・・が、よく見るとでかい、ほんとにでかい!普段見るカクレクマノミの 2~3倍くらいはある (ちなみに、これは巷で言われる Imaiスケールではなく、実測値です)。 

最初のみどころのクリスマスツリー岩(勝手に命名。海底から10m位の高さで直径2mくらいの円柱上の岩が単独でそびえている)。 頂上付近でガイドが呼ぶので「またウミウシかウツボ」だろうと期待せずに行ってみると深緑色の30cm位フロッグフィッシュがいるではないか。 フロッグフッシュがすごく珍しいわけでないけどこれほど大きいのはあまりいない 。 その後も、巨大ウミウシ(黄色)ピグミーシーホース (ボクちゃんはデコが出そうだったので泣く泣くあきらめました) などをみて満足の一行。 大物がいそうなポイントだったけどたまたまがカレントが弱かったためかボクちゃんたちは遭遇せず。

 

17日の夜はバンカ島 ミンピ・インダ・リゾートに宿泊。 バンカ島はあまり人の手が入っていないので自然が一杯。 夕焼けなんか、目が溶けそうなくらい綺麗だ (こんな表現あったっけ?) コトック島のワイルドなコテージに慣れている海龍亭一行には十分快適だ。 唯一の難点は、オープンスペースにあった食堂に大量の蜂(蝿でも蚊でもなく、ハチ!) がいたことくらいだ。 深夜一時半にはちょっと大き目の地震が発生。ちょっと津波なんてことも頭をよぎりましたが眠かったのでそのまま寝てしまいました。 おまけに明け方からは大雨となり、なんだかブルーになった海龍亭一行でした。

 (続く

これまでの ダイビング 本数  180本



 
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。