Yoichiro's ダイブマスター修行 奮闘記 ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レスキュー ・プール実習

9月2日 レスキュー講習アシスタント  (ダイビング本数 138本のまま)

 最近はすごーく仕事が忙しくなって1週間すぎた今日に先週の奮闘記の結果を書いているボクです(涙・・・)。

 訓練には、OW講習、AOW講習、レスキュー講習のアシストが含まれている。 AOW講習を受ける人は結構いるんだけど、レスキューまでする人はほんのひとにぎりなので、なかなかレスキュー講習のアシストをする機会はない。 今回は、Yoko女史、電々さん、アイスマンとDM仲間のカルピコさんの4人が講習を受ける。(カルピコさんは DM候補生だけど他団体からのクロス・オーバーなのでPADI レスキューを受講するもの) ボクとYoshi Kさんは講習のアシスタントして、デモンストレーション(ひょえー) をすることになっている。 講習の舞台は「スナヤンスイミングプール」だ。 

  まずは、陸上から酔う救助者、あれ?要救助者をレスキューするために陸上から「浮き輪」、「フロート」を投げる練習。簡単そうに見えて以外に難しい。 実際の救助の場合は、要救助者がパニックに陥ってる場合があるのでなるべく陸上からのレスキューを考える必要があるのだ。 その後は、フロートを投げて要救助者に捕まらせた後、浮き輪を投げて水面レスキューに向かう。DM候補生としていいところを見せねば!と意気込んでみたけど、なかなか上手く行かないものだ。 ここまでで既に、かなりお疲れの講習生一同(ついでにDM候補生も)。 そこに、海龍師匠から「まだまだ、始まったばかりだからねー」との嬉しいお言葉。 

  次のお題は、溺れている人の救助方法。 溺れてパニックに陥っているひとの巻き添えにならないように、どうやってアプローチするかがポイント。下手にアプローチすると溺れている人に捕まってしまい、こちらも溺れてしまうのだ。 だからこの訓練はかなりリアルに要救助者は暴れまくる。(でも今回はボク僕のときよりもずっとおとなしかったような・・・ 師匠は海洋実習で本番をやるきなんだろうか?)  スキューバを背負ってるときは、潜行して背後に回る「忍者作戦」なども有効だ。 聞くと簡単だけど、実際にやるとすごーく難しい。 (格闘してるときに、背中に結構引っかき傷が出来てたし)

  次は、要救助者の水面での曳航方法。 ボクがレスキュー受講生として訓練をやった2年前は、常に人工呼吸しながら曳航するというふうに教わったんだけど、今は5分以内にEXさせられる場合であればその必要はないらしい。 そのかわりに速さが重視されている。 もちろん5分以上かかるような場合には今までどおりに人工呼吸しながらの曳航だ。 曳航しながら、要救助者と自分のマスク・ウェイト・BCDを脱がし、しかも秒に一度の人工呼吸をするんだから手際のよさがポイントになる。 ボクとYoshi Kさんは一度やってるのでなんなくこなすが (師匠、ということにしてください!)、講習生の皆さんは苦労している。 水底で意識不明者を発見した際の浮上のさせ方もある。

  最後は水中での不明者の捜索方法 DM候補生をチーム・リーダーとして3人一組で、基準線となるロープ伝いに90度展開して一直線になって探すという方法だ(あれ、名前はなんだったけ?)。 今回は、海龍師匠のおもちゃのロケットを使って探す。 20m四方のプールでも結構難しい。(ボク達のチームはあっさり発見したんだけどね、ぷぷぷー)。

  でもこれだけで終わらないのが海龍亭。 ふと見ると、師匠とスタッフのロニーちゃんがボクらのマスクになにやら妙な細工してる。 (写真ではよく判らないかもしれないけど、マスクの真ん中あたりになにやら黒い模様が一杯はいったシールをべったりと貼られているのだ) あれー、全然視界がせまいじゃん! これで捜索しろっていることらしい。 (視界不良状況下での捜索っていうやつだ)  師匠は本物の海猿くんたちは ガムテープで全部見えなくしちゃうんだよ~とか本当かどうかわからないことを言ってニヤニヤしている。

 なるほどまったく見えないわけじゃないんだけど 5m
程度の水底が見えない。 これでロケットを探すのは大変だ。 前のチームも苦労してる。 3-4往復しても見つからずにギブアップ。 ボクらのチームもどうなるかと思いきや、ロープ沿いに進むと3mほどのところにロケット発見! その間1分ほどでした。 リーダーの差だね!とお鼻ピクピク。 ちゃんちゃん。 

結局、当初の予定をオーバーして全ての練習が終わったのは 2時半。 へとへとになりました。
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。