Yoichiro's ダイブマスター修行 奮闘記 ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Calpico U 氏 大奮戦 !

8月26日ー27日は 先にご紹介した ボクの同僚のインド人夫妻、スルちゃんとショバちゃんの海洋実習がありました。 でも ボクは 先週の連休で遊びすぎて疲れていたのと、やっぱ同僚はやりにくいのて DM 三銃士のひとり Fisher U さんにアシストはおまかせして、 敵前逃亡しちゃいました(エヘヘ・・・)

  ということで 今回は Fisher U氏 の大奮戦報告です。 あっ、忘れてました。 ご本人の申告により 今後同氏は Calpico U と名乗るそうですので、今後は Calpico U でいきます。
========================================================

  さて今回は我がDM候補生三銃士の一人、Economist Yoichiro 氏の同僚であるインド人のスルちゃん、ショバ゙ちゃん夫妻のOW海洋実習のアシストです。 Calpico は この2人のプール実習2日x 2 (再講習) のうち3日間、アシストを務めたんですが、初めてのプール講習では顔を水につけるのも躊躇していた二人が果たして海洋実習に耐えられるのでしょうか?? 26日朝、アンチョールに行くと今回は他の参加者はおらず、小生Calpico と海龍師匠二人とスルちゃん、ショバ゙ちゃんの人だけで、事前に聞いてはいたものの、正にマン・ツー・マン゙であることを確認しました。 (確かに他の講習生やファン・ダイバーと一緒では無理でしょうね、あのお2人の場合は・・・) ゆめゆめ師匠の足を引っ張ってはならないと一抹の緊張と不安を感じた小生でした。

  940分頃、コトック島到着。Cuacanya cerah !! 波も無し。透明度もまずまず。彼らに帯同してきた二人の子供達は魚が泳いでいるのが見えて興奮の様子。 よしよし、コンディションは上々である。 フロートを付けにまず潜ったところ、流れも無くて一安心。水深約7メートル地点にフロートをセット。

一本目;

  師匠と二人で改めて桟橋から海面を眺め、ジャイアントストライドエントリ‐はやらずに、階段からコントロールド・シッティング・でエントリーすることを確認。 この2メートル近い落差を克服させるのはそれだけでも大変ですよね~。

  まずスノーケリング゙からスタートするという指示が師匠よりあり。 なるほど、まず海に慣れさせて恐怖感を和らげる作戦か・・・。 小生の先導で桟橋の東側の浅瀬で20メートル程を一往復。 二人とも頼りないながらもフィンも何とか動いており、ことのほか順調。思い切りほめてあげました。 よしよし、まずまずのスタート。

  さあいよいよ機材を着けて海中へ。 師匠の説明は潜降下ロープの余り約10mを使ってロープつたいにとにかく「動く」ことを体験させるとのこと。 まさに体験ダイブ゙のノリですね。

  エントリー、スルちゃんが先に潜降行し始めたものの途中で耳抜きにてこずり、なかなか潜降しようとしなかったショバちゃんの方が先に底に到着。 スルちゃんもほどなく到着。 移動開始。 師匠はゆっくりと二人を誘導。小生は後方やや上方よりフォロー。 ロープをつかんでいる安心感か特に問題無し。 特にスルちゃんは魚を見て結構楽しそう。 ショバ゙ちゃんはまだ周りを見る余裕はなさそうで明らかに極度に視野が狭まっている様子。 また、マスクが曇るのに悩まされている様子で、小生がマスククリアアのデモを行い、彼女もトライ。概ねきれいにはなっているものの完全に水が排出されきっていないようで鼻に水が入っているようでつらそう。 「もっと上を向く」ことをジェスチャーで伝達。 とかなんとかやっているうちに浮上タイム。 ロープづたいにゆっくり浮上。

潜水時間はなんと45分 !!! 二人ともそんなに長くいた実感はなかったようで自信をつけた様子。 よかった、よかった。

二本目;

 今度は潜降ロープの余りに更に30米のロープを着け移動距離を延ばすことにする。

 小生が先に桟橋から飛び込み、二人をフロート(浮き輪)で待つ。 あれっ!!! やばい、流れてる!!! 東から西へそこそこ強い流れが・・・。フロートまでの水面移動、あらかじめ東側に待機している師匠の方に泳ぐことを叫ぶがどうも通じていない様子。 ショバ゙ちゃんは案の定少し流され西側へ。 しかし、何とかフロートまで誘導し、潜降。 エクジットは大丈夫だろうか ??? 不安がつのる。

  無事にエントリー出来、師匠がロープを張りに行っている間、小生が二人をフォロー。 魚を見せたり、マスク・クリアーの練習をしたり、残圧をチェックしたりして気を紛らわせる。 不安そうな二人に、とにかく大きくゆっくりと呼吸するんだよとアピール。

  師匠が戻ってきて移動開始。 師匠がショバ゙ちゃんをまずエスコート、小生がスルちゃんをエスコートする形で出発。 ゆっくり、ゆっくり、正に師匠が言っていたように泳ぐのではなくとにかく「移動」する感じなるほど、なるほど、ロープ゚につかまっているので中性浮力も浮遊感もないけど約30米移動するので水中を移動する感覚は充分に体感出来る。 水中にいることに慣れさせるにはいい手法ですね。 さすが師匠。 ただ、スルちゃんは一瞬たりともロープ゚から手を離すのが不安なようで方向転換に一苦労。

  ショバ゙ちゃんはまだ緊張感ありありでなかなか周囲に目が行かない様子。 明日はそれぞれの課題を克服させなければと思いながら浮上開始。 EXの階段方向に行くには潮と逆方向に移動させなければいけない。 師匠はロープ゚つたいに桟橋まで移動させ、そこから一気に階段まで移動させる作戦の様子。 いずれの二人も小生よりもヘビー級、受け止められるかは不安なもののアメフトトのディフェンスのごとく小生はその下流に待機。 しかし、幸い何事もなくエクジット完了。

  こうして、記念すべき彼らの初体験ダイビング初日は終了。 海龍師匠ともほぼ予定通りの進捗であることを確認し、安堵する小生でした。 (師匠は最初から OW海洋実習を今回で完了させる気は全くなく 長期・持久戦を考えているのだ) 彼らも満足した様子。 よかったよかった。

 
夕食をとりながら、インドの色々な興味深いお話をお二人から聞きながら、コトック島の夜は更けていったのでした。

【“Calpico U 氏 大奮戦 !”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。