Yoichiro's ダイブマスター修行 奮闘記 ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レスキュー講習海洋実習アシスタント(2)

 9月17日

   レスキュー訓練海洋実習の二日目の始まりは「サーチアンドリカバリー」(水中での行方不明者の捜索)。 本当ならば目印になるものを沈めてそれを回収するというものなんだけど、今回はアイスマンさんのマスク・シュノーケルと電電ロストさんのシュノーケルをさがすというリアルなミッションがある。 サーチの方法は、ジャックなんとか法(なんでしたっけ師匠?)。 基点を決めて基準ラインを設置し、そこから90度の方向にロープを使って捜索ダイバーが「見落とし」のないように一定間隔を取り、一列縦隊で進むというものだ。 ボクは今回はリーダー役 (えっへん)で基点の反対側で、進め・停止などの指示をし、DM仲間のカルピコ Uさんがサブリーダー役で基点に陣取る。一列縦隊になりすすむと深度10m近辺であっけなくアイスマンさんのマスクを発見 (師匠いわくもっと簡単な場所にあったので少しむつかしめの場所に移動したらしい)。 でもロープの東側に回っても電電ロストさんのシュノーケルは見つからず。 そこで、捜索範囲を西側に広げて再度チャレンジ。す ると「隊長!目の前に透明の筒が!」との声なき声に前を見ると電電ロストさんのシュノーケルも発見。 パチパチ。やっぱりリーダーがいいと上手くいくもんだな~。

  次のお題は、水中からのフロートあげ。持ってる人は多いけど実際に練習する機会ってあまりない。 簡単そうにみえるけど、糸が絡まったり、フロートにひきづられてしまうこともある。 DM候補生のカルピコ Uさんとボクは水深15mの集合岩付近からフロートをあげることに。 ボクはフロートとリールを買ったけどまだ試したことがないので絶好の機会だ。 結構流れが出てきたので、慎重にあげる。勿論一発で成功!。 電電ロストさんもボクのを使って練習したけど当たり前のように成功。 パチパチ。通常はリールを巻きながらフロートを回収するんだけど、潮の流れのあるときは、まいている途中で流されることもあるのではないかと思い、一旦フロートまで浮上してフロートの空気を抜いてからロープ伝いに戻ることに (実は置き去りにされたリールを見てY女史は固定してあるリールを外そうとしたらしい。そんなことされたら軽い漂流だったよー。ほっ)。

   レスキュー講習最後のお題は総合実習。 フロートにつかまっているダイバーが水中に転落して意識を失っていることを想定したシュミレーション。4人一組で行う。まずは、海面に要救助者を発見したときに一人がフィンとマスクで救出に向かう。その甲斐なく、要救助者は水中に。その際にフィンとマスクを装着したダイバーは水中から上がってくる泡を目印に自分自身がマーカーになる。 その後、スキューバを装着したダイバーが水中から要救助者を救出し桟橋まで人工呼吸しながら曳航。さらに桟橋まで引き上げて酸素吸入器を使うところでミッション終了。 桟橋上に残った二人は、水面から桟橋までの引き上げ、酸素吸入の準備、野次馬の整理、以外に全体のコントロールを行う。これが実践に即したいい練習となった。 まず潮の流れが出てきたため、ロープ沿いにいることを想定された要救助者はとんでもない場所で救助を待っている。 また、潮に乗って泡も流れるので海面上のマーカー役も気が抜けない。 さらに、潮の流れに逆らって要救助者を曳航するのも大変だ。

  今回、学んだ重要な点がいくつかあるけど、特に


  1.  桟橋上からの指示の重要性:海面からは泡の位置を確認するのが難しいので、桟橋上から泡の位置、マーカー・ダイバーとの位置関係、曳航の際の方向などを的確に指示する必要がある

  2. 水中捜索のルール:水中を捜索するダイバーは周囲を見渡して要救助者がいない場合にはすぐに再浮上しなくてならない。これは二次災害の危険を防ぐといった目的がある。

  3. 水中探索のテクニック:水中から上がってくる泡を頼りにその方向へと移動する。自分の感覚に頼っているととんでもない場所に潜行するものだ。  結局、一発で成功したケースはなく(ボクも水中で1分探したのに見つからず再浮上して2度目に発見)、桟橋から遠くまで流される人が続出。 なかでもY女史はかなり遠くまで流されたにもかかわらず、Big Jennyママのボートによるレスキューを拒否して自力で戻ってきてました。 根性だ!



  こうして「龍の穴」の二日間にわたる特訓は幕を閉じたのであった。でも、レスキュー訓練が一番役に立つ訓練だと改めて感じました。 講習生のみなさん、EFRとペーパーテスト頑張ってね!


(おまけ)

  ボクの同僚のSS夫妻(夫)だけど、お手伝いしていた飛雄馬AI候補生情報によると、一本目は候補生の左腕をがっしりつかんではなさず、水中のロープにもがっしりつかんでいたため、どうやら手がつったらしい(足はよく聞くけど手は初だなー)。 そのため、S(ストーン)の称号を得ていた。 2本目からは大きな進歩を見せて、Hands Freeダイビングの道に進んだんだけど、落とし穴は最後に待っていたようだ。

 小コトック島にOW卒業ダイブに行ったSS夫妻一行だけど、Mr.ストーンはエントリーするもボートのアンカーロープから手を離すことが出来ずに終わってしまったようだ。 SS夫妻(妻)は楽しんだようだけど。それでも当初から面倒をみているカルピコ U氏によると格段に進歩してるらしい。 頑張れ!


スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

レスキュー講習海洋実習アシスタント

今回は9月2日にやったレスキュープール実習の仕上げとして海洋実習のアシスタント。 なんとボクちゃんはこの奮闘記を、スーパーハードな海洋実習の翌日に朝3時起床でお仕事でスラウェシ島のゴロンタロ州(5年前に出来た新しい州で、マナドからは430kmくらいです)に来ていてそこで書いてます この奮闘記に欠ける情熱あれ?懸ける情熱があらわれてるでしょ?

(編集者註: 18日より長期にわたり編集者が行方不明になっていた為、ブログへのアップがYoichiro氏の情熱にも係わらず実際の執筆日から10日以上も送れて、バック・デイトしてのアップであることをお詫び申し上げます)

  舞台はホームグランドのコトック島。今回の参加者は、僕の友人のY女史、電々さん、アイスマンとDM仲間のカルピコ Uさん4人が講習生です。 ボクとYoshi Kさん(今回は残念ながら日帰りでした)は講習のアシスタント兼DM訓練の一環として参加。 またOWの海洋実習第2弾としてボクのオフィスの同僚のSS夫妻、AI講習としての飛雄馬ダイブマスターとヒトミ・ママの夫妻、そして海龍師匠と久し振り登場のJenny Bigママの、総勢12名の豪華メンバー。 日本から参加を熱望していたアイアン奈良マンさんは今回は出張のスケジュールが会わずに参加見送り。

  9月16日 ハードな一日が始まった。 アンチョールの桟橋からコトック島までは海面も穏やかであっという間に到着したのに、なぜかコトック島の桟橋の前は潮の流れがある。 今回のレスキュートレーニングは最初から最後までこの潮に悩まされるのであった。 

  レスキュートレーニングはまずは小手調べということで、桟橋前10m付近にあるフロートにいるダイバーを救出しにいくシュミレーション。 まずはスキューバシステムをつけずにフィンとマスクだけで行く。 皆なかなか張り切っている。 (この後どんなに厳しいトレーニングがあるのかしらないで…と一度やってるボクは省エネモード)。

  その後はお約束の溺れているパニックダイバーの後ろからアプローチするというもの。 Yoshi KチームとYoichiroチームに分かれて対抗戦形式で行ったんだけど、チームメンバー選択権のあったYoshi KはアイスマンさんY女史と軽量級のメンバーを選択したため結果は言わずもがな。 Yoichiroチームはパニックダイバーを助けまくり、かつパニックダイバーとして相手を沈めまくって圧勝に終わった。 さてこのあたりからレスキューダイバー訓練が本格化してくる。  

  まずは、人工呼吸の練習、通常のマウスtoマウスとポケットマスク(口と鼻をカバーして効果的に人工呼吸をすることができるという優れもの)を使って練習。桟橋前は潮の流れが強いので船を係留してある入り江で行う。うむうむ、ポケットマスクはこうやって使うのかと思っている。

  と… 久し振りの漂流事件発生!(別に喜んでるわけではないんだけど・・・)  ヒトミ・ママが潮に乗って西に流されている。 桟橋の上から近くの入り江に入るように指示するもあまり聞こえてない様子。 そこで、海龍師匠からの指示 「レスキュー隊出動!」。 前日に「トッキュー」の漫画を読んだ僕としては遅れをとるわけにいかない。 ヒトミ・ママの近くまで行くとパニックにはなっていないけどかなり疲労困憊の御様子。 ウェイトを外し、BCDを外し桟橋まで運んだんだけど、そこで海龍師匠の鬼の一言「階段を担ぎ上げなさい」。 要救助者を抱っこするような格好で階段を上るんだけど(すっかり忘れてました)、階段一段あたりの幅が大きかったりしてなかなか上がらない。 ボクはヒトミ・ママではなく、訓練の為にY女史を持ち上げようとしたんだけど断念…もっと鍛えねば。  そこで電電さんが一言「僕のシュノーケルがないよーん」(涙)。 ふと桟橋をみると椅子の上にシュノーケルが。 どうやら星雄馬ダイブマスターが水中でみつけてあげておいてくれたようだ。 見つかってよかったと涙ぐむ電電さん。でもこれはロスと伝説のほんの始まりだった。

  お昼ごはん前に浅瀬からビーチまでの担ぎ上げを練習(やりかたは3種類もあるんだよーん)したのち、午後は実戦形式のレスキュートレーニング。 午前中と同じく要救助者が桟橋前10mのフロートに捕まっているのを二人一組で救助するもの。 まずは一人がフィンとマスクで助けに行き、その後もう一人がスキューバをつけて助けに行くというもの。 要救助者のマスクとウェイトをとってから、もう一人のサポート役に渡し、5秒に一回の人工呼吸をしながら(気道確保がポイントです)、桟橋まで曳航するんだけど、曳航する間に自分のマスク・ウェイトを外し、はたまた要救助者と自分のBCDも脱ぐ必要がある。 書くとすごく簡単に聞こえるけどこれを実際に行うのはかなり難しい。 補助役の人間はマスクのほかに、ほぼ8kgのウェイトを渡されるんだからこれも結構厳しい。 極めつけは、桟橋上からの師匠の厳しいお言葉。DM候補生は通常の人工呼吸とポケットマスクを使った人工呼吸の2つを要求される(一回、電電さんの顔が思いっきり沈んでしまったけど(汗)。 結構上手く出来たと思います)。 これは、要救助者役も水を飲んだりして大変、スキューバを使ったレスキュー役の人は勿論大変、プラス補助役の人も重くて大変で、色々なことに気が回らない。

  そこで悲劇が・・・ 桟橋にあがったアイスマンが一言「僕のマスクとシュノーケルはどこにありますか?」。彼は要救助者役だったので補助役の電電さんかレスキュー役のY女史が持っているはずなんだけど・・・どうやら皆他のことに必死で誰も覚えてない。 どうやら電電さんの腕から抜け落ちたらしい。 おまけに電電さんは自分のシュノーケルを再び落としたらしいことが発覚。 実はその前に電電さんはフィンのストラップだけを落とすという海龍亭史上初の珍事もやってる。 1日で4つのロストはすごい。 プロ野球ニュースだったら間違いなく「珍プレー・好プレーの」、珍プレー部門にノミネートされるに違いない。 その日は潮の流れも強く、暗くなってきたので翌日にさがすことに。 今回の椿事により「電電さん」改め「電電ロスト」さんに改名する事が満場一致で決まりました。

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

レスキュー ・プール実習

9月2日 レスキュー講習アシスタント  (ダイビング本数 138本のまま)

 最近はすごーく仕事が忙しくなって1週間すぎた今日に先週の奮闘記の結果を書いているボクです(涙・・・)。

 訓練には、OW講習、AOW講習、レスキュー講習のアシストが含まれている。 AOW講習を受ける人は結構いるんだけど、レスキューまでする人はほんのひとにぎりなので、なかなかレスキュー講習のアシストをする機会はない。 今回は、Yoko女史、電々さん、アイスマンとDM仲間のカルピコさんの4人が講習を受ける。(カルピコさんは DM候補生だけど他団体からのクロス・オーバーなのでPADI レスキューを受講するもの) ボクとYoshi Kさんは講習のアシスタントして、デモンストレーション(ひょえー) をすることになっている。 講習の舞台は「スナヤンスイミングプール」だ。 

  まずは、陸上から酔う救助者、あれ?要救助者をレスキューするために陸上から「浮き輪」、「フロート」を投げる練習。簡単そうに見えて以外に難しい。 実際の救助の場合は、要救助者がパニックに陥ってる場合があるのでなるべく陸上からのレスキューを考える必要があるのだ。 その後は、フロートを投げて要救助者に捕まらせた後、浮き輪を投げて水面レスキューに向かう。DM候補生としていいところを見せねば!と意気込んでみたけど、なかなか上手く行かないものだ。 ここまでで既に、かなりお疲れの講習生一同(ついでにDM候補生も)。 そこに、海龍師匠から「まだまだ、始まったばかりだからねー」との嬉しいお言葉。 

  次のお題は、溺れている人の救助方法。 溺れてパニックに陥っているひとの巻き添えにならないように、どうやってアプローチするかがポイント。下手にアプローチすると溺れている人に捕まってしまい、こちらも溺れてしまうのだ。 だからこの訓練はかなりリアルに要救助者は暴れまくる。(でも今回はボク僕のときよりもずっとおとなしかったような・・・ 師匠は海洋実習で本番をやるきなんだろうか?)  スキューバを背負ってるときは、潜行して背後に回る「忍者作戦」なども有効だ。 聞くと簡単だけど、実際にやるとすごーく難しい。 (格闘してるときに、背中に結構引っかき傷が出来てたし)

  次は、要救助者の水面での曳航方法。 ボクがレスキュー受講生として訓練をやった2年前は、常に人工呼吸しながら曳航するというふうに教わったんだけど、今は5分以内にEXさせられる場合であればその必要はないらしい。 そのかわりに速さが重視されている。 もちろん5分以上かかるような場合には今までどおりに人工呼吸しながらの曳航だ。 曳航しながら、要救助者と自分のマスク・ウェイト・BCDを脱がし、しかも秒に一度の人工呼吸をするんだから手際のよさがポイントになる。 ボクとYoshi Kさんは一度やってるのでなんなくこなすが (師匠、ということにしてください!)、講習生の皆さんは苦労している。 水底で意識不明者を発見した際の浮上のさせ方もある。

  最後は水中での不明者の捜索方法 DM候補生をチーム・リーダーとして3人一組で、基準線となるロープ伝いに90度展開して一直線になって探すという方法だ(あれ、名前はなんだったけ?)。 今回は、海龍師匠のおもちゃのロケットを使って探す。 20m四方のプールでも結構難しい。(ボク達のチームはあっさり発見したんだけどね、ぷぷぷー)。

  でもこれだけで終わらないのが海龍亭。 ふと見ると、師匠とスタッフのロニーちゃんがボクらのマスクになにやら妙な細工してる。 (写真ではよく判らないかもしれないけど、マスクの真ん中あたりになにやら黒い模様が一杯はいったシールをべったりと貼られているのだ) あれー、全然視界がせまいじゃん! これで捜索しろっていることらしい。 (視界不良状況下での捜索っていうやつだ)  師匠は本物の海猿くんたちは ガムテープで全部見えなくしちゃうんだよ~とか本当かどうかわからないことを言ってニヤニヤしている。

 なるほどまったく見えないわけじゃないんだけど 5m
程度の水底が見えない。 これでロケットを探すのは大変だ。 前のチームも苦労してる。 3-4往復しても見つからずにギブアップ。 ボクらのチームもどうなるかと思いきや、ロープ沿いに進むと3mほどのところにロケット発見! その間1分ほどでした。 リーダーの差だね!とお鼻ピクピク。 ちゃんちゃん。 

結局、当初の予定をオーバーして全ての練習が終わったのは 2時半。 へとへとになりました。

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

Calpico U 氏 大奮戦 !

8月26日ー27日は 先にご紹介した ボクの同僚のインド人夫妻、スルちゃんとショバちゃんの海洋実習がありました。 でも ボクは 先週の連休で遊びすぎて疲れていたのと、やっぱ同僚はやりにくいのて DM 三銃士のひとり Fisher U さんにアシストはおまかせして、 敵前逃亡しちゃいました(エヘヘ・・・)

  ということで 今回は Fisher U氏 の大奮戦報告です。 あっ、忘れてました。 ご本人の申告により 今後同氏は Calpico U と名乗るそうですので、今後は Calpico U でいきます。
========================================================

  さて今回は我がDM候補生三銃士の一人、Economist Yoichiro 氏の同僚であるインド人のスルちゃん、ショバ゙ちゃん夫妻のOW海洋実習のアシストです。 Calpico は この2人のプール実習2日x 2 (再講習) のうち3日間、アシストを務めたんですが、初めてのプール講習では顔を水につけるのも躊躇していた二人が果たして海洋実習に耐えられるのでしょうか?? 26日朝、アンチョールに行くと今回は他の参加者はおらず、小生Calpico と海龍師匠二人とスルちゃん、ショバ゙ちゃんの人だけで、事前に聞いてはいたものの、正にマン・ツー・マン゙であることを確認しました。 (確かに他の講習生やファン・ダイバーと一緒では無理でしょうね、あのお2人の場合は・・・) ゆめゆめ師匠の足を引っ張ってはならないと一抹の緊張と不安を感じた小生でした。

  940分頃、コトック島到着。Cuacanya cerah !! 波も無し。透明度もまずまず。彼らに帯同してきた二人の子供達は魚が泳いでいるのが見えて興奮の様子。 よしよし、コンディションは上々である。 フロートを付けにまず潜ったところ、流れも無くて一安心。水深約7メートル地点にフロートをセット。

一本目;

  師匠と二人で改めて桟橋から海面を眺め、ジャイアントストライドエントリ‐はやらずに、階段からコントロールド・シッティング・でエントリーすることを確認。 この2メートル近い落差を克服させるのはそれだけでも大変ですよね~。

  まずスノーケリング゙からスタートするという指示が師匠よりあり。 なるほど、まず海に慣れさせて恐怖感を和らげる作戦か・・・。 小生の先導で桟橋の東側の浅瀬で20メートル程を一往復。 二人とも頼りないながらもフィンも何とか動いており、ことのほか順調。思い切りほめてあげました。 よしよし、まずまずのスタート。

  さあいよいよ機材を着けて海中へ。 師匠の説明は潜降下ロープの余り約10mを使ってロープつたいにとにかく「動く」ことを体験させるとのこと。 まさに体験ダイブ゙のノリですね。

  エントリー、スルちゃんが先に潜降行し始めたものの途中で耳抜きにてこずり、なかなか潜降しようとしなかったショバちゃんの方が先に底に到着。 スルちゃんもほどなく到着。 移動開始。 師匠はゆっくりと二人を誘導。小生は後方やや上方よりフォロー。 ロープをつかんでいる安心感か特に問題無し。 特にスルちゃんは魚を見て結構楽しそう。 ショバ゙ちゃんはまだ周りを見る余裕はなさそうで明らかに極度に視野が狭まっている様子。 また、マスクが曇るのに悩まされている様子で、小生がマスククリアアのデモを行い、彼女もトライ。概ねきれいにはなっているものの完全に水が排出されきっていないようで鼻に水が入っているようでつらそう。 「もっと上を向く」ことをジェスチャーで伝達。 とかなんとかやっているうちに浮上タイム。 ロープづたいにゆっくり浮上。

潜水時間はなんと45分 !!! 二人ともそんなに長くいた実感はなかったようで自信をつけた様子。 よかった、よかった。

二本目;

 今度は潜降ロープの余りに更に30米のロープを着け移動距離を延ばすことにする。

 小生が先に桟橋から飛び込み、二人をフロート(浮き輪)で待つ。 あれっ!!! やばい、流れてる!!! 東から西へそこそこ強い流れが・・・。フロートまでの水面移動、あらかじめ東側に待機している師匠の方に泳ぐことを叫ぶがどうも通じていない様子。 ショバ゙ちゃんは案の定少し流され西側へ。 しかし、何とかフロートまで誘導し、潜降。 エクジットは大丈夫だろうか ??? 不安がつのる。

  無事にエントリー出来、師匠がロープを張りに行っている間、小生が二人をフォロー。 魚を見せたり、マスク・クリアーの練習をしたり、残圧をチェックしたりして気を紛らわせる。 不安そうな二人に、とにかく大きくゆっくりと呼吸するんだよとアピール。

  師匠が戻ってきて移動開始。 師匠がショバ゙ちゃんをまずエスコート、小生がスルちゃんをエスコートする形で出発。 ゆっくり、ゆっくり、正に師匠が言っていたように泳ぐのではなくとにかく「移動」する感じなるほど、なるほど、ロープ゚につかまっているので中性浮力も浮遊感もないけど約30米移動するので水中を移動する感覚は充分に体感出来る。 水中にいることに慣れさせるにはいい手法ですね。 さすが師匠。 ただ、スルちゃんは一瞬たりともロープ゚から手を離すのが不安なようで方向転換に一苦労。

  ショバ゙ちゃんはまだ緊張感ありありでなかなか周囲に目が行かない様子。 明日はそれぞれの課題を克服させなければと思いながら浮上開始。 EXの階段方向に行くには潮と逆方向に移動させなければいけない。 師匠はロープ゚つたいに桟橋まで移動させ、そこから一気に階段まで移動させる作戦の様子。 いずれの二人も小生よりもヘビー級、受け止められるかは不安なもののアメフトトのディフェンスのごとく小生はその下流に待機。 しかし、幸い何事もなくエクジット完了。

  こうして、記念すべき彼らの初体験ダイビング初日は終了。 海龍師匠ともほぼ予定通りの進捗であることを確認し、安堵する小生でした。 (師匠は最初から OW海洋実習を今回で完了させる気は全くなく 長期・持久戦を考えているのだ) 彼らも満足した様子。 よかったよかった。

 
夕食をとりながら、インドの色々な興味深いお話をお二人から聞きながら、コトック島の夜は更けていったのでした。

【“Calpico U 氏 大奮戦 !”の続きを読む】

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。