Yoichiro's ダイブマスター修行 奮闘記 ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイビング漬けの3連休

    インドネシアでは2週続けての3連休。 ボク達DM候補三銃士(いつの間にこんな名前になったんだ?)はダイビング漬けの3日間を送りました(偉い!DM候補生の鏡)。 

  14日日帰りダイビングトパーズ島に、15-16日器材スペシャリティ(SP)と器材のお勉強。 充実した3日間になりました。 トパーズ島は、ジャワ島とスマトラ島の間のスンダ海峡の真ん中に位置する小島。 両島を結ぶフェリーの就航路のすぐ脇にある。 アニエールの港から小船でゆられて小一時間。 今回のメンバーは、海龍師匠、Big Jennyママ、DM候補生仲間のYoshi Kさん、Fisher Uさん、とAOWのNVさん、そしてボクの6人。 

  アニエール近辺ではいつもはサンヤン島に行くのだけれど (ボクは2005年の1月に参加しました)、今回は趣向を変えてトパーズ島に。    前回のサンヤン島はスマトラ沖地震の影響もあって潮の流れが変だったけど、今日はどうなんだろう…と考えながら潜降開始。 あれ?全然潮の流れがない。今日はのんびりお気楽ファンダイビングだ! 透明度も30mくらいあるぞぉ! 周りをみると、故障代(ん?)コショウダイ、ユメウメイロ、ツバメウオ、巾着代(またぁ?)キンチャクダイが各種と沢山いる。 今日のボクのバディは海龍師匠。 ここは禁漁地域でないので師匠はスピアガンをもってやる気満々。 ボクがふらふらしてる間に師匠が漁をしてる音がする。 あれ~? Jennyママが岩根の下に潜ってる。って言うより岩穴の中にもぐり込んでる。 どうも やじりの先が引っかかってるみたいだ。(本当はでっかいサラサハタを仕留めたんだけれども体が穴の中で廻って引っかかって回収できなかったんだそうだ) という事で 残念ながら1本目の釣果はなかったみたいです。  

  2本目は沈船ダイビング。 普段は潮の流れが強くてなかなかいけないけど、今日のコンディションなら大丈夫。 沈船は島から2-3kmのところにある。  沈船にいかに近ずけて停船するかがボートキャプテンの腕の見せ所なんだけど、すごーい、GPSもなしで、見事沈船上に停船!  沈船はいつのものか分からないけど、全長100m以上はある、これは結構見ごたえがある。 潜降後も潮の流れはほとんどない。


みんなでウロウロ、漁の獲物を求めてウロウロ、写真の獲物をもとめてウロウロ。 他の仲間もそれぞれウロウロ。 水深も10mそこそこでエア切れの心配もほとんどない。ついでに2mのうつぼもウロウロしてました。師匠はなにやらでっかいハタを獲物をゲットしたようだ。 皆もウロウロを満喫したようだ。 日帰りだったけど、いいダイビングでした。


 
【“ダイビング漬けの3連休”の続きを読む】
スポンサーサイト

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

オープンウォータ(OW)講習のアシスタントとスタミナテスト


  最近はダイビング関係のアクティビティをするとまずこの奮闘記を書くのが習慣になってきた。

   先週のメナド遠征で娑婆の空気を吸ったのもつかの間、今週末は再びDMトレーニング。 4月にダイビングを始めた生徒さんが3人いるので、今回のお題はOW講習のアシスタントとスタミナテスト。 これまでDMトレーニングを2ヶ月ほど行ってきたが「テスト」と名がつくのは初めてだ。

  今回のメンバーは海龍師匠、DMトレーニング仲間のFisher Uさん、OW生徒が IceManさん、ボクとお仕事で知り合った縁で SeaDragon の門をたたくことになったSeaYet夫妻(J&N)とボクの総勢6人です。  

  OW講習のアシスタントをするのは今回で2回目。 前回は突然こっちに振られたらどうしようーと実は内心びくびくしていたものだったんだけど、今回は余裕だもんねー とのんびりしてたら師匠から突然「器材セットのデモして!」って指令が・・・。 タンクのバルブを開ける前に残圧計が0を指しているかどうかの確認とか数箇所もれてしまったところがあったけど(うーん、まだまだ精進の余地あり)概ね良好。 人に教材レベルのデモができるかどうかで本当に自分が理解してるかどうか再認識できるんだと思いました。 でも、生徒ダイバーさんにウェットスーツを着せたまま炎天下の中、途中までセッティングさせてしまい、師匠に叱られました。(本当は上を脱いでやってもらうべきだったのです。生徒ダイバーの皆さんごめんなさい。次回から注意します)。   

   初日はスキューバシステムになれるということもあり、水深2m弱のプールでのトレーニング、フィンの使い方などなど。生徒ダイバーの監視をしながら、師匠の教えっぷりを横目で見る。 へーこうやって教えるのかぁ・・・。 生徒さんを見てると自分が普段何気なしにしてる一連の動作がすごく難しそうに見える。 後ろでボーっと立ってるようだけど、陰ながら応援してます。 いまさらながら自分のOWを手伝ってくれたDM先輩方々に感謝です。   

  2日目は舞台を隣の飛び込み用の水深5mのプールに移す。 ここでのお題は潜降・浮上(緊急浮上)・バディブリーディング・水中でのBCD、ウェイトの着脱。 昨日のメニューから随分と難しくなります。 昨日はボクが手取り足取り教えた(?)器材のセットも自分ですることになるんです。 みんな頑張れ!   昨日からの一連のOW講習を見てるとそれぞれ得意分野不得意分野が結構はっきりしてる。 水中作業の得意な人、水面移動の得意な人、全ての分野をそつなくこなす人。 いやーOW講習のアシスタントといいながら勉強させてもらいました。    



 
 

     今回のもうひとつのお題はスタミナテスト。 DMトレーニングの一環。全部で4科目、最高合計点20点で12点が最低到達条件のノルマ(各科目最低1点はとること)です。 昨日が100m疲労ダイバーの曳航、水上でのフローティング。 今日は400m競泳と800mシュノーケリングです。



100m疲労ダイバーの曳航は、2分10秒以内が5点、3分15秒以内が4点、4分20秒以内が3点、5分30秒以内が2点、それ以上が1点です。 全てのスキューバシステムをつけての疲労曳航ですが、実際には疲労ダイバーの両足を自分の肩にかけて押す馬力が勝負の種目です。 実は馬力以上に大事なのが疲労ダイバーの選択。 軽い人を押す方が断然有利です。 ボクの疲労ダイバー役はIceMan。 バラクーダ体型で抵抗は少なそう。結果は2分58秒で4点獲得!平均で3点取ればいいわけだから随分精神的に楽になった。

   2種目目は15分水面に浮くもの、これは最後5分手首を出せば5点がゲットできる。 最初の10分は楽勝、最後の5分は水を飲むという災難に襲われたけど立ち泳ぎでなんとかリカバー、5点ゲット! 

  それでもって今日の第1種目は400m競泳。 6分半以内が5点、8分40秒が4点、11分が3点、13分が2点、それ以上が1点。 ボクは自分のアパートの狭いプールをせっせと泳いでるし、小学校の6年間はスイミングクラブに通ってたので(全然ものにならなかったけどね)、密かに4点を目指して 50mを1分で泳ぐペースを目指す。

  観客席から休憩中の国軍兵士が見てるここでへたっては日本男児の恥ということでしゃかりきに泳ぎました。 結果は7分58秒で、またまた4点獲得~! 予定通りのペースです。 

   実は800mは次回にしようと思ってたんだけど、師匠の800mやるよ!の一言で予想外によるはめに。 ボクは実はこれが一番難関だと思ってる。 800mの距離もそうだけどシュノーケリングの使い方が結構鍵になる。 これは 14分以内が5点、16分30秒が4点、18分30秒が3点、21分が2点、それ以下が1点です。 400m競泳とほとんど同じに泳がないといけない…あわよくば4点と思ったんだけど結果は16分53秒で残念ながら3点どまり。 海龍師匠も生徒ダイバーの皆さんも応援してくれたんだけどもう一歩で4点には届かず。 残念!。 それでも合計16ポイントで堂々の(自分で言うな)合~格~! 


パンパかパーん! 同期訓練生の中でスタミナテスト合格1番乗りです。


    DMとして体力づくりの必要性を実感しました。


****  

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

誰に似ているのかって?


    この ブログを編集してくれている(Web Master)である Studio SeaDragon の J 技師が ボクがある人に似てると突然 言い始めました。

   え~っ、そんなこと 今まで言われたことないですよぉ!


   というボクに


 
じゃ、コラージュ作って Web にのせちゃうからね、 


ということで できあがったのが上の写真。


 さて 誰に似ているのか 判りますかぁ?

(ヒント: 読売巨人軍 背番号30)


 


 

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

番外編 3題


番外編 1: 二度とライオンエアなんて乗るもんか!


  今回のマナド遠征はライオンエアを使用。 29日水曜日夕方6時45分発で10時にはマナド到着予定… 出発したのはおよそ2時間遅れ (まぁ僕もジャカルタの渋滞に巻き込まれて1時間集合に遅刻したんだけどね…)。 おかげでマナドのホテルについたのはほとんど1時。 さぁ寝るかと思ったらホテルにはナシゴレンが準備してありまして、美味しくいただきました。

  そして帰りの便。 マナドの空港を2時に出てジャカルタには5時到着予定。 ジャカルタに着いたらマッサージに行って、その後美味しいお寿司でも食べよう(むふふ)と思ってたんだ。 マナド出発は1時間遅れ(これくらいはインドネシアはでは普通)。中継地のマッカ―サルに到着。 ここでは乗り継ぎ客だけだから20分くらいしかかからないはず。 狭い飛行機の中で待つのは仕方ないか…ふーっ 着陸後しばし降りていいらしい。ふー。これで一休みできる。 離陸予定4時35分… ここからが長かった...「ライオンエア777便はテクニカルプロブレムのため離陸予定を延期しま~す」(えー!) 結局離陸したのは夜の8時。 合計で4時間遅れ。はーっ・・・。待ってる時間は足裏マッサージやらババ抜きで楽しんだけどね。  

番外編 2: 漂流事件  

  最近のSeaDragonは「漂流教室」になってきたのは前回書いた通りだけど、今回も起きました! といっても今回は人間でなく「お弁当箱」だけど。  3日目のダイビングでのお昼休み後皆でお弁当を食べた後、Yoshi K夫人が皆のお弁当箱を片付けてくれたんだ。 そこで事件が! 積み重なった弁当箱はがらがらと崩れ落ち海へ。 真っ赤なお弁当箱がぷ~か、ぷ~かと漂流しました。 ボートスタッフが無事に回収して事なきを得たけどね。 つまらない話でごめんなさい。 でも折角漂流事件シリーズが続いたので書きたかったんだ・・・っ。  

番外編3:イルカ

  ダイビングの楽しみは海中のみならず! 初日のダイビング後にホテルに戻るボートの中、皆、3ダイビングの影響でぼーっとしてる。 そこにYoshi Kさんの声。 「イルカ!」(Apa? 入鹿?) えーっイルカ!生イルカ (注: 水族館にいるやつでなく野生のもの)は見たことがない!) 慌てて舳先に行くといるいるイルカが。 背びれの数からすると20頭(匹?) 以上はいる。 ボートスタッフが気を利かせてくれて、ゆるーくイルカの群れに接近。 イルカが近づいてきてボートの下をくぐる、 近くで回転ジャンプはするは、ムーンサルトはするは・・・ (安藤美姫のヘナチョコ・ジャンプとは大違い)、一同大騒ぎ!!!。 サービス精神旺盛なイルカでした。

ウォーター (オールド) ボーイズ&ガールズ 復活 !!!


  最近 SeaDragon の Theme Song になりつつある 「Sugar Baby Love」 とシルビー・バルタンの「あなたのとりこ」
知る人ぞ知るウン十年前の大ヒットソングだそうだが、ボクらにとってはあのTVドラマ「ウォーターボーイズ」のテーマソングとも言える曲。  

  3日間のダイビングを終えた海龍亭一行は無事ホテルに帰還。 ウェットスーツを着たままプールで塩抜きをはじめました。 (ほんとにこんなことして いいのかな?)    

  最初はぶらぶら泳いでたり遊んでいた一行だったけど、雰囲気はシンクロモードに。 Yoshi K夫妻、海龍師匠、ボクとY女史の3ペアは ドルフィンジャンプの練習を始める。 むきになる御一行。 練習の成果もあり結構できるもんだ。  そんな最中に なぜか突然プールサイドに 「Sugar Baby Love」・「あなたのとりこ」 が流れ始めたのです!


 もはや完全なるはウォーターボーイズの世界に! 


  Y女史が突然、振り付け師に変身~! Y女史の厳しい指導(いやー関西人は仕切るのが上手い)で駄目駄目 中年オジン&オバンも最後には振付を完璧にマスターして演技をお披露したのでした。

 (横で 地元のお客が 頭のおかしい連中には近づかないほうがいい・・・という目つきで遠目でながめていましたっけ・・・)

ダイブマスター観察


  今回の遠征中の隠れお題は「現地ダイブマスターの観察」

  僕らもそろそろブリーフィングをする立場になってくるので現場の本物のダイブマスターから学ぼうというもの。 またどうやってガイドをするのかも勉強になるんだよ。  結果は…残念ながら今ひとつという印象。 ブリーフィングは潜水時間が抜けてたり、いろいろな不十分だったり、水中でも今ひとつガイドの意図がはっきりしなかった… 反面教師かな?

  ボクは2日目、寝込んでいたので知らなかったんだけど、2日目から初日にヘッドをはっていたガイドがいませんでした。 3日目にいないんで 場所がちがうからかわったのかなぁ・・・と思っていたら 実は お師匠さまによってクビにされていたんです!  

  1本目の潜降後10分には こりゃ駄目だ・・・と判断していて、後は師匠がサブ・ガイド役についていたガイドを指示して裏でダイブ全体をコントロールしていたんだそうです。 そう言われてみれば、確かに 見所での停止、ホールド、移動から浮上まで ガイドからではなくて サブと師匠がアイ・コンタクトして、師匠から合図がでていた・・・ような気がする。  

  お師匠さまの後日の解説によると、ポイントの見せ場が判っていない最低ガイドだと。 たとえば 1本目のTanjun Kopi の場合 水中岬の25m深度付近の棚が見せ場。(確かにガイド自身がブリーフィングでそう言っていたな・・・) なるべく余力・空気を残してすばやくその位置へ移動すべきところを 潮の読み間違えでアゲインストで ENポイントも遠すぎた結果、ウォール沿いの20m深度をへとへとになって移動。 確かに師匠はかなり浅場を移動していたなぁ・・・ 挙句の果て どうでもいい 小魚やエビ(そんなのは どこにでもいるだろがぁ、馬鹿たれ !!! とずっと師匠は怒ってたんだって) を移動中にみせようとする。 だから 本当の見せ場では エアー的にも 減圧不要限界的にも そこに長くいれない結果となる。 ということで 2日目には 正当的アクセスでこのポイントを潜りなおしたんだそうです。 何も知らないボクは それでもすごいところだ!と感激していたのですが、ここを前にももぐっている Yoshi Kさんによると あんなもんじゃないよ~!ってことでした。  

  2本目の潮よみも完全に間違っていたし、3本目のポイント選択にしても 師匠には疑義があったようです。 今回 サブに廻っていたガイドは 師匠とSeaDragon 一行を何年も前から良く知っているガイドで本来彼がメインを張るところを ローテーションの関係で一緒になった先輩(年上)ガイドの顔を立ててサブに廻っていたのだそうでした。

 まぁ 海龍亭ご一行が相手だと ガイドも大変ですねぇ・・・  

(数年前には プーケットでは、担当ガイドをボイコット・無視するという事件、パプアでは師匠が現地ガイドを集合させ、えんえんと お説教を繰り広げるという事件、デラワンでボートスタッフに激怒事件なんかもあったらしいし・・・ )

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

マナド遠征! その3

4月1日

  よし体調も随分回復してきたし今日は思いっきり潜るぞ!っと気合をいれて集合場所にいくと一同浮かない顔。 Yoshi Kさんの会社から翌日、ジャカルタ空港にて「テロ」の可能性があるとのSMSが・・・。 今日のダイブをやめて帰るか…なんて深刻な議論が・・・。 師匠は明日帰れなかったら、明後日に帰ればいいじゃん!なんてノー天気なことを言ってるし。  実は次のダイブはボクの記念すべき100本ダイブ!  昨日は腹痛、今日はテロ情報、ボクの100本ダイブは永遠に達成されないのぉ・・・?!。   でも結局行くことになったけどね。  後日知ったのだが、実はボク以外の全員がグルで からかっていたのに、ボクがあまりにも真面目に受け止めているんで 嘘だと言えなくなっちゃったらしいのだ)

   本日の1本目「Popo IIIポイント」。 潜行は13m付近の砂地。 そこから出発し最大深度は27-28m(そこが面白いのに行けなかった(行かなかった)残念)。その後は5-6mの浅場を散策。 100本目のダイブの割にはあまり大物にあえず。岩場付近でツムブリが数匹ささやかに祝ってくれました。 右の写真は恒例の100本化粧?をほどこされたEN直前のボクです。    

   そして2本目「Popo II」。 深度10m付近の浅場を中心に回遊。 砂地ばっかりで何も見えないと思ってたら結構いるもんだー。 散在するイソギンチャクの集落にはクマノミの群集が。(師匠はクマノミをからかっていたら、凶暴なクマノミに噛み付かれました。グローブをしていなかったので かなり痛かったそうです) ひとつのイソギンチャクには数十匹のクマノミがいる! こんなのははじめてた(場所によって色々な楽しみかたがあるんだなー)。

 
   今回のメインイベントはジャイアントシーホース。 隊長 体長は 10-15cmくらい。真っ白なでかい奴! これがうわさに聞くジャイアントシーホースか。やった!   今回のダイビングではガイドは一生懸命色々なものを探してる。彼はどんぶらこーと流れに乗ってするすると進む。 それにそって御一行もついて行く。 あれ? 何も見つからないようだ。 さーって帰るとするか。 あれ? 意外に流れが強い。 みんな苦労してるみたいだ。 みんな頑張れ!(うーむ、ガイドについていくだけが正しいのではないのかな?)。最後は海底芝生地帯でのんびりとしてました。




テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。