Yoichiro's ダイブマスター修行 奮闘記 ブログ版

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝 完稿 ~ ! パチパチ パチッ~




ということで 最後に 構成・編集 請負の Studio eaDragon より の お遊び フラッシュの贈り物でした・・・





スポンサーサイト

Calpico U のダイブマスター挑戦 総括 要約編


DM三銃士の一人、カルピコ Uです。 Yoichiro 氏が既に書かれているとおり 3月の10-11日に行われた小生のダイブマスター検定試験に とにもかくにも「合格」して晴れて 候補生の肩書きのとれた「ダイブマスター」に昇格しました。

 過去にこのブログの執筆代打を何度も手がけてきたよしみで ここに小生のダイブマスター挑戦の総括の要約を載せていただくことになりました。 全文は 近く 海龍亭 別館 に 「Calpico U のダイブマスター挑戦 総括編」 としてアップされる予定です。


今を去ること約1年半前、小生がまだSeaDragon の門を叩いて間もない頃、Yama No.1 DMの送別会がありました。 丁度その場でDMの認定証を手渡され、Yama No.1 DMのその何とも言えない晴れやかな笑顔に年甲斐も無く、「自分も挑戦したい」 という思いがふつふつと湧いてきて、その夜にみんなの前で 「私もDMを目指します !」 と酒の勢いもあり、宣言してしまいました。インドネシアに駐在して何か記念になるものを求めていた小生にとってダイブマスター挑戦は極めてCOOLなものにみえたのです。 (実際はとても HOTだったのですが・・・)

 オリエンテーションで Dragonest 9期生となる Yoichiro 氏、Yoshi K氏との候補生として初めての合流。  小生としては体力も知力もひけめを感じて、お二人の倍くらいの時間をかけるつもりで頑張ろうと長期戦を覚悟した次第です。

 さて、「ダイブマスターコース」の内容ですが、その豊富さにびっくり仰天 !!!

 小生を最も不安に陥れたのが学科 !!! 「生理」「物理」はもちろん「リクリエーションダイブプランナー」にしてもかなり理系っぽいものばかり。 小生は一応国立大学出身ですが理科、数学は全くの苦手で高校時代は何度も赤点取得の経験がある位の理数オンチなのです。 エコノミストや経理マンとは素養が違い、「不安」 の二文字がますます頭の中であふれるのでありました、 どうなることやら・・・・

  ダイブマスタートレーニングを始めて、学科や一般スキル以外にも色々なことを始めました。 OW講習用のフロートの取り付け、ディープダイビング時の潜降ロープの取り付け・予備タンクの設置、水中地図作成用のボトルの取り付け、タイヤや瓦礫を水中で運ぶ作業ダイブなどです。

 最大の失敗は漂流事件です。 まだダイブマスター修行を始めて間もないときのことです。 水深約22-23mのところからフロートを打ち上げ、一旦浮上し山立てをして位置確認しようと計画していたのです。 師匠からは深場からフロートを上げるのは結構 難しいよ、と忠告を受けていたのですがその通りの結果になってしまいました。 フロートを上げようとしたところ、フロートに空気を入れすぎ吹き上げられてしまい、あわててフロートの空気を抜こうともがきましたが、ラインが絡まってしまい、そうこうしている内にどんどん流されてしまいました。 結局 桟橋前というみんなの見ている前で浮上したものの、そこから数百米も流され、結局 救援ボートが出動するハメになって拾ってもらいました。 おまけに ボート上では Y女史が 冷やかしの高笑い・・・ (【緊急情報】 今週の悲劇 !!! を参照)

 生徒ダイバーのアシスト中で何と言っても思い出深いのはストーン夫妻です。 8月から10月にかけてプール講習から海洋実習までほぼフルにお手伝いしましたが、最初は面かぶりすらためらっていた二人が何とかOWのライセンスをゲットしたのは特筆ものです。正直小生はこの二人にはライセンス取得は無理ではないか、と思いました。

 しかし、師匠の根気良い指導、またレベルに合わせたプログラムのおかげで少しずつ、課題を克服していきました。 最後の海洋実習でKotok Kecil で立派に泳いでいたのには感激しました。ライセンスをゲットした時の彼らの嬉しそうな顔は一生忘れないでしょう。人にダイビングを教えることの喜びを知ったのはこの時です。私自身も彼らのアシストを通じて沢山のことを学び、ダイバーとして一皮剥けたかなと感じたのもこの時でした。 (Calpico U 氏 大奮戦 ! Part II を参照)

 レスキュー訓練、学科試験、スタミナ試験などいろいろあったのですが、詳しくは総括編に譲るとして、ここではいきなり最後の卒業検定試験です。


 雨で始まった前回のYoichiro 氏の時とはうってかわって好天に恵まれました。前回遅刻してきたアイスマンさんも時間通り到着。当初から決まっていたメンバーにイイトモ爺さんにアツコさんを加えて総勢 6名の参加者+アシスタントのYoichiro 氏というイロケも愛嬌もある賑やかな顔ぶれになりました。

 本人は絶好調のルンルン気分で調子に乗ってやっていたんですけど、実はかなりシリアスなミスも犯し、「検定中止」すれすれの状態が続いていたことは 検定後の評価ミーティングで師匠より厳しく指摘されました。  でも 長くなるので(都合が悪いので?)詳細はここではパスしちゃいましょう! 


とにかく 結果は無事「合格です。 やったー、ばんざーい !!! 
 結果よければ全て良し!


 参加者の皆さん、アシスタントのYoichiro さん、本当にありがとうございました。小生としては良い天気、良い海況、良き参加者、良きアシスタントに恵まれ、現在の自分の実力では非常に満足の行く内容だったと思っています。 かなり自信も付きました。  しかし、ミスもたくさんあり、師匠からは数々のご指摘を頂戴し、今後の課題も非常に明確になり、大変勉強になった卒業ダイブでした。

 これで約1年間にも及ぶ小生のダイブマスター修行が終わりました。随分歳をとってからのチャレンジで体力的に知力的にも限界を感じたことも何度もあり、ここまで続けてこられたことに誇りを感じるとともに師匠や一緒に修行を積んできたYoichiro 氏やYoshi K さん、卒業ダイブに参加して頂いた方々始めSeaDragonのメンバー達、そして理解のある家族のご支援にこの場をお借りして心からお礼を申し上げます。  また、改めて「潜水道」を極める為、精進を重ねていきたいと思っております。



テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

水中生花 フミカ・ポイント


Fisher Uさんから 最新の フミカ・ポイント の 写真をいただきました。 コンクリートの杭の残骸と ダイヤしかなかったのにいつのまにか Sea Fan やら サンゴやらで 生花 のように デコレーションされています。 どうせ 師匠の企みでしょう。





そう言えば、ウーさんなんかは ここに あのタヌキの置物を置こうなんて 言ってたなぁ ・・・

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

カポポサン島 小遠征 報告 (ハイジャック版)

大変です! ボ 、ボクちゃんの奮闘記がハッカーに進入されて(?)いつの間にか次のような書き込みが・・・


ダイバーの皆様 こんばんわ~!

カポポサン遠征組は ジョグジャの地震もその日の夕方までな~んにも知らずに 大変 楽しいダイビング遠征を過ごしてきました。

今回の遠征は ジェニー・ママをして 過去最高のカポポサン遠征と言わしめるほどの内容でしたので Yoichiro’s DM HP をハックして この場で ご報告というよりも 自慢しておきます
 !



   カポポサン島への往復は 心配したウネリも波もなく、快速でぶっ飛ばせました。 往路にて イルカの群に遭遇。 イルカの群に遭遇するのはメナドなどでもしょっちゅうなのですが、今回の特記事項は 子供(赤ちゃん)イルカの群が混じっていたことです。 体調 50~80cm 程度のチビすけたちが 親イルカ達が悠然と泳ぐ間を元気にピョンピョンとジャンプして泳ぐ様子はとても微笑ましいものでした。 見とれていて 誰も写真を撮りませんでした・・・



初日は 12時ごろには カポポサン島に到着し、午後 2本 と ナイトの3本を潜ったのですが、夕方の2本めの帰りに なんと マゴンドウ(Short fined Pilot Whale) のかなり大きい群に遭遇しました。 最初は イルカと思ったのですが、ガイドのベン君が Pilot Whale と叫んでいます。 よく見るとイルカよりは少し大きいようなもします。 (4~5m程度?) 鯨独特の ズボーというような 呼吸音も良く聞こえます。

マゴンドウは 割りと警戒心が強いらしく、人が水に入ると潜水してしますそうです。 今回も例によってジェニー・ママが3点セットですばやく入水したのですが やはり潜られてしまいました。

ところがです! 突然、三角形の大きな背びれが近づいてくるではありませんか!
最初は サメかと思ったのですが、またまた ベン君が マリ~ン! と叫んでいます。

確かに背びれの後ろ、2mくらいのところに細い尾びれの先も見えています。 左の写真はジェニー・ママによる かろうじての 証拠写真。 クロカジキです。

 





こんな風に見えていたわけですね。 ですから上あごの先まで入れれば体長は3m近くあったことになります。



Pilot Whale が現れると 大概 カジキも出現するよ、とベン君のお話でしたが、調べてみるとどちらもイカが好物で 似たようなところに出現するようです。 そのせいか、今回のカポポサンでは イカを1匹も見かけませんでした。 食い尽くされたのでしょうか???



書き忘れていましたが 透明度は 40~50m という相変わらずのすごさです!

 


遠征初参加の3名はおおはしゃぎです。


 翌日の1本目では イーグル・レイが3匹も登場。 そのうちの1匹はなんと 目の前で ホバーリングという大サービス。 大体イーグル・レイはマンタと違って飛んでいく(イーグルだから?)が相場なのに かなりの激流の中で海底にしがみついている我々の前でかなり長い間ホバーリングのパフォーマンスを演じてくれたのです。

2本目では 1mを超える ロウニン・アジをゲット。 スタッフのユダ君の人間秤では35キロという大物です。 カポポサン島で一部をお刺身に、残りはマカッサルの将軍レストランで、手巻き、握り、刺身、塩焼き、照り焼き、てんぷら、などのアジづくしにて堪能。 でも大きすぎてかなりあまってしまいましたので、残りはレストランに寄贈。
 
 

なお 場所は 昨年遠征時に ジャイアント・グルッパーが出現したところです。
今回は 数百匹のツバメウオと ギンガメアジの大群のなかに なせか このロウニン・アジがぶらついていました。


最終日にも同じ場所で 2mクラスの ツナにも遭遇していますが、さすがに手はだしませんでした。






  1m超のバッファローの群とか やたらデカイ レインボー・ランナーとか お約束の 大型エイなんかも いて それぞれすごいんだけど、そんなものは ぶっ飛んでしまうくらいの 圧巻であります。

 Iceman・Yosoの両AOW 練習生も 固め打ちならぬ、固め潜りで合宿の成果はバッチ~リ! 




いや~ エガッタ エガッタ!
 
 



以上 ご報告まで !!!

 

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。